レジロールの用途やメリットについて知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お店ではお客さんが商品を購入するときにレシートを渡します。これは商品購入の内訳が書かれているものなので、買ったものに間違いがないか確認することが可能です。専用のレジスターを使い発行を行いますが、その際に必要になるものがレジロールとなっています。真っ白な紙をロール状にしているもので、レジスター本体に取り付けて利用するのが特徴です。
レジを打ち精算をすると自動的に印刷される仕組みとなっているのでメモを取る必要がなく、誰でも快適に使えるのがメリットです。機械的に印刷されるため計算ミスもなく、安全に処理できるのも良い点となっています。ロールはかなり分厚いので大量のレジ処理をするときに使えるのが強みです。紙なのでコスト面でも優れており、低価格で導入できる商品となっています。
今回はロールの使い方や特徴、メリットを紹介します。

サイズが合えばどんなものでもOKなのが便利

レジロールはレジスターに装備して使うもので、主な用途はお客さんにレシートを印刷することです。各メーカーではオリジナルのレジスターを作っているだけに、レジロールも純正のものが用意されています。一般の小売店では純正のものだけでなく規格品も扱っているので必見です。
ロール自体はただの紙でできているので簡単に作ることができます。それだけにサイズさえ合えば純正でなくても利用することができるのが強みです。手持ちのロールを計測してレジスターで使えるようならお店で規格品を購入すると良いでしょう。純正品に比べると価格面で優れているので、長期的に使いたいなら規格品がおすすめです。特に小売業者では頻繁にレシートを印刷するので、コストパフォーマンスに優れているロールは理想的と言えます。

レシートだけじゃなく多くの用途がある

ロール紙はレシートだけでなくクーポンに使えるものもあります。幅広タイプのものなら次回来店時のクーポン券として発行するのが良く、クリーニングの預かり表としても使えます。カラーリングもホワイト以外にイエローやピンクカラーもあります。食券や入場券だと小さいサイズが好ましいので、細長いタイプのものを購入するといいでしょう。
販売価格は5個で1,000円程度となっており、白無地タイプで使いやすく値段も安価です。通常のレシート用よりも分厚く耐久性もあるのが特徴と言えます。カラーロール紙はお店のイメージに合わせて導入する事ができる優れものです。統一感のある見た目にするとよりお店を知ってもらいやすくなるのでおすすめとなっています。
うまく取り入れて販促に使ってみるといいでしょう。

ピックアップ記事

レジロールの用途やメリットについて知っておこう

お店ではお客さんが商品を購入するときにレシートを渡します。これは商品購入の内訳が書かれているものなので、買ったものに間違いがないか確認することが可能です。専用のレジスターを使い発行を行いますが、その際...

注目をひくレジロールのカラーの使い分けで

レジロールは白一色と思ってしまいがちですが、実は豊富なカラーバリエーションがあり、ロールを交換するだけなので面倒なことはありません。色を使い分けることで特別なレシートという認識を与えることができ、いつ...

レジロールにはサイズがいくつかあります

レジロールにはいくつか種類があり、サーマルレシートは感熱紙とも言われていて熱に反応し黒くなるよう加工された用紙です。インクを使用せずに印刷することができるので、ファックスや自動券売機など幅広く使われて...

意外と安心!気になるレジロールの保存期間

安い商品で品質も確かとなれば、その時にまとめ買いをしてストックしてコストを少しでも抑えたいものです。ところがレジロールには適した保存期間があり、それを越してしまうとだんだん用紙の質が落ちてきて、肝心の...


コンテンツ

カテゴリー