レジロールにはリーズナブルな紙がおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レジロールにはサーマル紙(感熱紙)や普通紙などがあります。感熱紙は表面に特殊な薬品層が塗られていて、普通紙とは違って熱を感知することによって化学反応を起こし、色などが変わるよう加工されている紙です。インクが要らないのでプリンター部分を小型化することができ、レジスターはもちろん各種発券機や電気・ガスなどの検針票、携帯端末や医療機器といったさまざまな目的で幅広く利用されています。
感熱紙にはいくつかメリットがあり、構造上文字のデザインや複雑な絵柄を自由に印字することができるので、使用用途に合った個性的な絵柄のレシートを作成することが可能です。維持費が安く単価で比較すると感熱紙より普通紙の方が半額以下で購入できるのですが、感熱紙の場合は熱に反応し印刷されるのでインク代が不要で、消耗品は感熱紙だけになるためコストを抑えることが可能です。

感熱紙は保管方法が大切になります

感熱紙の場合、印字した後に湿気や脂分などを含んだり日光などに当たったりすると変色することがあり、書き込みができないことがあります。あまり長期保管には向いておらず消費期限があるので、長い間使用しないでそのまま放置しておくと、感熱紙は白い部分が黄色に変色したり印刷部が薄くなったりすることがあるでしょう。
最近ではインターネット通販で感熱紙を購入することができ、リーズナブルな価格で高品質の紙を選択することが可能です。注文する際にはまず紙幅から選び、レジに合ったアイテムを選択すると良いでしょう。ネットではコピー用紙やタイムカードなども注文することができるので便利です。

大量のレシートを発行する店舗は考慮する必要があります

レジロールに記載されるものには商品や値段、店名や連絡先などのいろいろな情報が印刷されています。商品を1つ購入した場合でも紙に印刷されスペースを使うことになります。そのため購入品数が少ないお店でも、客数が多いような場合は大量のレジロールを使用することになるでしょう。無くなるのが早くコストもかかるので、店舗全体のコストを抑えるのに負担を減らすことが大事です。
レジでシートを発行するのは必要ですが、例え一品でもレシートは発行されるようになっています。小さな積み重ねになるかもしれませんが、感熱紙などのリーズナブルな価格の紙に変更するなどすると、年間で考えると価格に差が出てきます。店舗によってレシートを大量に発行するような場合はコスト面において大きな差が出るので、割安な紙に変更すると経営面においてメリットがあるでしょう。

ピックアップ記事

レジロールの用途やメリットについて知っておこう

お店ではお客さんが商品を購入するときにレシートを渡します。これは商品購入の内訳が書かれているものなので、買ったものに間違いがないか確認することが可能です。専用のレジスターを使い発行を行いますが、その際...

注目をひくレジロールのカラーの使い分けで

レジロールは白一色と思ってしまいがちですが、実は豊富なカラーバリエーションがあり、ロールを交換するだけなので面倒なことはありません。色を使い分けることで特別なレシートという認識を与えることができ、いつ...

レジロールにはサイズがいくつかあります

レジロールにはいくつか種類があり、サーマルレシートは感熱紙とも言われていて熱に反応し黒くなるよう加工された用紙です。インクを使用せずに印刷することができるので、ファックスや自動券売機など幅広く使われて...

意外と安心!気になるレジロールの保存期間

安い商品で品質も確かとなれば、その時にまとめ買いをしてストックしてコストを少しでも抑えたいものです。ところがレジロールには適した保存期間があり、それを越してしまうとだんだん用紙の質が落ちてきて、肝心の...


コンテンツ

カテゴリー